海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

新『スパイダーマン』、アンドリュー&エマへのプレッシャーは?

アンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーン

記者会見でインタビューに答えるアンドリューとエマ

俳優のアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンが、18日に都内で行われた映画『アメイジング・スパイダーマン』(2012年6月30日日本先行公開)のフッテージ上映および来日記者会見に登壇した。

これまで『スパイダーマン』過去3作品は大ヒットしており、今回はシリーズ4作目で初めて3Dで上映する。今回、キャストを一新し、新生スパイダーマンのピーター・パーカーを『ソーシャル・ネットワーク』(10)のアンドリューが、恋人のグウェン・ステイシー役をエマが演じている。

アンドリューは新たにスパイダーマンを演じるプレッシャーがあるかと聞かれると、「プレッシャーは感じたよ。トビー(・マグワイア)やサム(・ライミ監督)、(キルスティン・)ダンストさん、は素晴らしかったからね」と話した。

さらに「僕は3歳の頃からスパイダーマンのファンだったんだ。だから、コミックと同様に最初の3作品からは影響をもらったよ。すごく光栄に思う一方で、もちろんプレッシャーも感じたよ。何億人ものファンに対する責任があると思うんだ。僕にとってすごく重要なキャラクターなんだ。プレッシャーは良いことだと思ったよ。ポジティブにね。プレッシャーのことを思い出させてくれてありがとう」と言うと会場から笑い声が響いた。

同じ質問に対しエマは、「私はラッキーだったわ。私のグウェン・ステイシーの役は、3作目でブライス・ダラス・ハワードが演じていた彼女とはまったく違うものなの。キャラクターとしてのプレッシャーはなかったわ。プロデューサーでもないし、スパイダーマンでもないし」とコメントした。

続けて、「今(記者会見の場で)、プレッシャーを感じているわ。こんなに国際的に注目されたものに出演したこともないし、東京にも来たことなかったし、ちゃんと質問に答えなきゃって思うでしょ。撮影中のブルースクリーンとかワイヤーとか、恋に落ちる役を演じるのだってほかの映画にでもあるわけだしね。だから、“今”プレッシャーを感じているわ。でも、私はとにかくラッキーだったってことね」と元気よく話すエマに、会場は爆笑。

アンドリューにとってはかなりプレッシャーを感じる立場であったと思うが、プレッシャーを感じず明るい性格のエマがそばにいたことで、彼もリラックスできたのでは? アンドリューが演じる新しいスパイダーマン。世間の注目も大きいが、それをバネにして作り上げたキャラクターをみんなは待ち望んでいる。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)