海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ブラッド・ピット最新作の撮影現場に対テロ部隊のがさ入れ

ブラッド・ピット

対テロ部隊にがさ入れされてしまったブラッド・ピット
(c)Hollywood News

ブラッド・ピットの最新作である『World War Z』(原題・公開未定)の撮影現場であるハンガリーのブダペストにある倉庫に、ハンガリーの対テロ部隊のがさ入れが入るという驚くべき事件が起こった。

どうやらスコットランドのグラスゴーからブダペストに移動した撮影と共に移送された85丁の銃が問題だったようだ。これらの銃は、偽物ではなく、実際に殺傷能力のある本物の銃だったようで、その申請がされていなかったことから、現場に入った対テロ部隊によって没収されたのだ。

同映画はトラブル続きであり、「USウィークリー」紙によると、ブラッドは、予算オーバーでスケジュールも遅れているという撮影の進行ぶりに、激怒しているらしい。8月にはエキストラの女性が転倒し、ほかのエキストラたちに踏み殺されそうになるところをブラッドに救われるというハプニングもあった。

『World War Z』はブラッドたちが人類の存続のためにゾンビと戦う映画だが、実生活で彼らは映画制作の苦難と戦わなければいけなくなっているようだ。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)