海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

渡辺謙、「チョウ・ユンファはいいオッチャン」

渡辺謙

渡辺謙『シャンハイ』舞台挨拶で共演者の印象を語る

渡辺謙、ジョン・キューザック、チョウ・ユンファ、コン・リー、菊地凛子らが出演する『シャンハイ』(8月20日日本公開)の舞台挨拶付き試写会が、8月16日に東京・有楽町にて行われ、日本人キャストの渡辺と菊地、そしてミカエル・ハフストローム監督が登壇した。

米国と中国の合作映画である本作で、渡辺は共演したキャストの印象を次のように語った。

「コン・リーは『SAYURI』で半年仕事させてもらいましたし、彼女は割と映画ではパワフルで強い女性に見えるんですけど、本当に繊細で、役に入るときの彼女自身がすごくドキドキしている感覚っていうのを間近に見ることがあって、そういうのはとても素敵だなって思ってました」。

「チョウ・ユンファは、僕が仕事始めた頃からもう『男たちの挽歌』、“香港大スター”ですし、海外、ハリウッドで仕事されているのも先輩ですので、ある意味ではちょっとあこがれの目線でお会いしたんですが、い~おじさんでした(笑)。すごいかっこいいんですけど、とてもいいオッチャンって感じで」。

「ジョン(・キューザック)はやはり若い頃からハリウッドで仕事してるということもあり、自分でプロデュースや監督をしているということで本当にスマートで、いろんなことを考えながら現場に来ている、そんな感じでしたね」。

このように、そうそうたる顔ぶれがそろった本作は、太平洋戦争開戦前夜、1941年の上海を舞台に、アメリカ諜報部員(ジョン・キューザック)、中国人マフィア(チョウ・ユンファ)とその妻(コン・リー)、そして渡辺謙扮する日本軍情報部大佐らが必死に生きようとした姿を描くラブロマンス&サスペンスだ。

歴史ものとしても楽しめるが人間ドラマとしても楽しめるとハフストローム監督が語るように、彼らの演技にぜひ着目してほしい。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)