海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

題名ナシでも大丈夫な『ダークナイト』第3弾ポスターが公開

『ダークナイト ライジング』ポスター

イメージふくらむ『ダークナイト ライジング』ポスター
(c)Warner Bros. Ent. All rights reserved.

2008年に全米で大ヒットを記録した新生バットマン・シリーズ2作目『ダークナイト』に続き、3部作を締めくくる『ダークナイト ライジング』(2012年夏公開)のポスターと特報が公開された。

このポスター、実は題名が記載されていない。しかしながら、コウモリのアイコンを型どったビジュアルで十分伝わる。飛翔とライジング(日が昇る、復活。原題は、Dark Knight Rises)、舞台となる闇の街ゴッサム・シティにバットマンが出現するイメージを伝える出色の出来だ。本作には厳重な緘口令がしかれ、物語は一切知らされていないだけに、このビジュアルはイメージを大いに喚起させる。

バットマンことクリスチャン・ベールをはじめ、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマンら従来のキャストは続投。そしてキャット・ウーマン役にアン・ハサウェイを迎え、『インセプション』(10)でクリストファー・ノーラン監督に起用されたマリオン・コティヤール、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、トム・ハーディが本作に呼ばれている。

特報では、病院らしきベッドでゴードン警部が、(前作『ダークナイト』で)罪を被って闇に消えたバットマンの復活を望み、「私たちは共に戦い、君は姿を消した。新たな“悪”が現れた今、バットマンの力が必要なのだ」「彼しかいないのだ」と語りかけている。

エンターテインメントと文学性を両立した前作があるだけに、期待は天井を突き抜けてしまうが、観られるのは、あと1年後。だいぶ先だ。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)