海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

タッド浅野忠信、ハリウッド初進出作『マイティ・ソー』の手応えは?

浅野忠信_1

ハリウッドデビューを果たした浅野忠信、超大作『マイティ・ソー』をひっさげ凱旋帰国

日本人俳優の浅野忠信がハリウッドに初進出した3Dアクション映画『マイティ・ソー』(7月2日日本公開)の記者会見が6月16日に東京・有楽町にて行われ、ロンドンで『47 RONIN』(原題)の撮影中の浅野が急遽帰国し登壇した。

マーベルコミック作品「マイティ・ソー」の主人公ソーは「雷の神」ということで、ステージには雷発生装置で起こした雷と轟音という演出の中、姿を現した浅野に取材陣から温かい拍手が送られた。

「皆さん、本当に今日はありがとうございます。とてもうれしいです。この映画に出合えたことは、僕にとっては大きなスタートを切ることができると思いますし、非常に素晴らしい経験をさせていただきました。少しでも多くの日本人の方に見ていただければうれしいなと思います」とあいさつした。

続いて、ケネス・ブラナー監督からのビデオメッセージが上映された。あいさつの後、「(『マイティ・ソー』が)私を魅了したのはソーの複雑な性格です。試練と困難を乗り越え、弱さに打ち勝ちヒーローになる。本来は神だが、共感できる人間性があります」と述べ、「最後まで席を立たないでほしい。マーベルからのサプライズがあります」と付け加えた。

監督は浅野について、まれな存在感を持ち静かな中に知性を感じる俳優、現場ではクルーに好かれていたと語る。そして、東日本大震災で被災した日本の人々に心からのお悔やみを贈り、メッセージを締めくくった。「タッド(TADANOBUのTAD)」と呼ばれていた浅野は、にこやかな表情でビデオメッセージを見ていた。

浅野はハリウッドの雰囲気について、「正直驚くことの連続でしたね。規模がとても大きいので、いろんな機材、セット、衣装、メイク、すべてにおいて準備されているものの数も時間もすごいですし、アクションにかけるトレーニングに対しても用意されている時間はすごかったです。物質的にも、時間的にも、何から何までとんでもない規模でした」と話し、やはりその規模の大きさに驚いたという。

共演のアンソニー・ホプキンスやナタリー・ポートマンら有名俳優については、「やっぱり僕もいちファンで、(彼らは)スクリーンで観ていた人たちでしたから、ちょっとどこかでは舞い上がってしまうというか、同時に緊張してしまう自分もいたんですが、会ってみたら、皆さん優しいし、表現に対して真剣で、そこは僕が日本でずっと教えてもらった日本の映画作りと変わらない、本当に自分の創造したものに向かっていくっていうことに過ぎなかったです。それを間近で見たとき、自分がやってきたことが間違いなかったんだなって確認できて、すごいありがたかったですね。そういう人たちを通じて再確認できたので」と充実の表情を浮かべていた。

しかし、手応えに関しては、少しずつ感じているようだが、自身はまだまだと思っているようだ。「ありがたいことに何本かの作品をやらせてもらっているので、これから手応えを感じられるようになるのかなと。そういう意味では、力を入れて熱心に取り組んでいますし、このまま続けてなんとか食いついていきたいなと思います」と今後の意気込みを表した。

日本を代表する俳優・浅野忠信が出演した『マイティ・ソー』は、全米興行収入2週連続1位を記録し好調スタートを切っている。ハリウッドデビューを果たした彼の勇姿は、まもなく大スクリーンで観ることができる。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)