海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

カンヌからLAへ! J・ブラック、A・ジョリーら『カンフー・パンダ2』プレミアに登場

『カンフー・パンダ2』_1

ジャック・ブラック×ポー、『カンフー・パンダ2』LAプレミアで息ぴったりのポージング
(c)Hollywood News

ジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリーが声の出演をする3Dアニメ『カンフー・パンダ2』(8月19日日本公開)のプレミアが5月22日にハリウッドのチャイニーズシアターで行われ、豪華出演陣が来場した。

主人公のポーを演じるジャック・ブラックは、いつも頭が下がるサービス精神でカメラマンへ決めポーズを披露し、気ぐるみポーとのナイスコンビを見せていた。また、カンヌ映画祭から帰ってきたばかりのアンジーは、ブラッド・ピットを同伴して登場。映画祭のフォーマルモードからややリラックスモードにシフトした姿で現れ、歓声を浴びていた。

ポーの師匠、シ―フー老師役のダスティン・ホフマンは、見どころを聞かれて「ぼくが出ているところすべてだよ(笑)」と名俳優のユーモアをうかがわせた。

しかしそれ以上に面白かったのは、カンフーの達人マスタ―・サイを演じるジャン=クロード・ヴァン・ダム。彼はレッドカーペットだというのに、着ぐるみポーの左頬に、ややKYな右ハイキック(のポージング、しかも少し入ってしまっている)をかまし、取材陣をどよめかせていた。

この2作目では、カンフーの腕を磨いていたポーの前に、“カンフーを抹殺する”という野望をもつシェン大老の軍勢が現れる。ポーは1作目よりカンフーの腕が上達していて、クールなアクションがある。それでいて、ちょっとドジで不器用なところもある愛すべきキャラクターなのはそのまま。ポーは新たなる敵の陰謀にどのように挑むのか?

アンジーもヴァン・ダムもお子様連れでプレミア入り。家族で楽しめる『カンフー・パンダ2』がスケールアップして帰ってくるぞ。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)