海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

第83回アカデミー賞ノミネート発表 注目の10作品は?(写真あり)

第83回アカデミー賞ノミネート発表

第83回アカデミー賞のノミネートが発表。プレゼンター左は前年度に『プレシャス』で助演女優賞を獲得したモニーク
(c)Hollywood News

映画の祭典、第83回アカデミー賞のノミネーションが現地時間1月25日に発表された。

昨年の第82回から、作品賞の候補数は5作から10作となった。その作品賞の本命は、SNSサイト「フェイスブック」創設初期の人間関係を描き、8部門でノミネートされた『ソーシャル・ネットワーク』(公開中)。そして、吃音というコンプレックスを克服していく英国王ジョージ6世を描き、最多の12部門でノミネートの『英国王のスピーチ』(2月26日公開)もとても評価が高い。10部門ノミネートの『トゥルー・グリット』は、『ノーカントリー』(07)でオスカーを獲得しているジョエル&イーサン・コーエン監督作。

また、ハードな内容ながらも多くの人に強く印象を残したレオナルド・ディカプリオ主演の『インセプション』、思わず涙がこぼれると絶賛のアニメーション『トイ・ストーリー3』など、日本ですでに公開された作品も入っているのがうれしい。

第83回アカデミー賞授賞式は、現地時間2月27日。前哨戦と言える「第68回ゴールデングローブ賞」の受賞結果も参考に、自分なりの予想を立ててみると、アカデミー賞がより身近に感じられるだろう。

主な部門のノミネーションは以下の通り。

▼作品賞 
『ブラック・スワン』 
『ザ・ファイター』 
『インセプション』 
『キッズ・オールライト』 
『英国王のスピーチ』 
『127時間』 
『ソーシャル・ネットワーク』 
『トイ・ストーリー3』 
『トゥルー・グリット』 
『ウィンターズ・ボーン』 

▼監督賞 
ダーレン・アロノフスキー『ブラック・スワン』 
デヴィッド・O・ラッセル『ザ・ファイター』 
トム・フーパー『英国王のスピーチ』 
デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』 
ジョエル&イーサン・コーエン『トゥルー・グリット』 

▼主演男優賞 
ハビエル・バルデム『BIUTIFUL』(原題) 
ジェフ・ブリッジズ『トゥルー・グリット』 
ジェシー・アイゼンバーグ『ソーシャル・ネットワーク』 
コリン・ファース『英国王のスピーチ』 
ジェームズ・フランコ『127時間』 

▼主演女優賞 
アネット・ベニング『キッズ・オールライト』 
ニコール・キッドマン『ラビット・ホール』 
ジェニファー・ローレンス『ウィンターズ・ボーン』 
ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』 
ミシェル・ウィリアムズ『ブルー・バレンタイン』 

▼助演男優賞 5人
クリスチャン・ベール『ザ・ファイター』 
ジョン・ホークス『ウィンターズ・ボーン』
ジェレミー・レナー『ザ・タウン』 
マーク・ラファロ『キッズ・オールライト』 
ジェフリー・ラッシュ『英国王のスピーチ』 

▼助演女優賞 
エイミー・アダムズ『ザ・ファイター』 
ヘレナ・ボナム・カーター『英国王のスピーチ』 
メリッサ・レオ『ザ・ファイター』 
ヘイリー・スタインフェルド『トゥルー・グリット』 
ジャッキー・ウィーヴァー『アニマル・キングダム』 

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)