海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

名優ジェフ・ブリッジス、撮影が終わる度にする“自分へのご褒美”とは?

ジェフ・ブリッジス

たくさんの人にその仕事ぶりが尊敬されている、ジェフ・ブリッジス
(c)Hollywood News

映画監督のコーエン兄弟による最新作である『トゥルー・グリット』(3月18日日本公開)での熱演が評価されている61歳のアカデミー賞受賞俳優ジェフ・ブリッジスは、映画の撮影が終わる度に、自分に与えるご褒美として盛大なパーティーを開くようだ。

ジェフは「ハリウッド・レポーター」誌に、「僕は映画のために精一杯頑張り、規律の厳しい生活をするので、撮影後は自分へのご褒美として、『いいよ。やりたいことをしなよ。酒に酔っぱらいたいか? 何でもしたいことをすればいいよ』と自分に言ってやるのさ」と語った。

そんな彼は結婚してから33年となる妻のスーザン・ジェストンのことを気にかけたことがあるという。彼女は15年間、お酒を口にしていないのだ。ジェフは、「彼女は15年間、しらふなんだ。大麻もお酒も何もしない。僕はお酒を飲むのを止めたくないし、時々(大麻を!?)吸いたくなることがある。そんな僕が彼女の禁酒を妨げたり、僕ら2人の関係を悪くしないかと心配だったのだけど、彼女は『私の禁酒はだれとも関係ないことよ』と言ってくれたんだ」と話した。

働き者として知られているジェフは、5回目のノミネートとなる『クレイジー・ハート』(09)の演技で、2010年の第82回アカデミー賞主演男優賞を受賞した。彼の成功の秘密は、仕事の時は仕事、遊ぶときは遊ぶ、というメリハリをつけた生活のおかげなのかもしれない。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)