海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

激チェック! “大女優候補”“驚くべき演技力”の大型新人女優って?

ジェニファー・ローレンス

類まれな演技力をもつ大型新人のジェニファー・ローレンス
(c)Hollywood News

世界中から、夢を見る女優志望の女の子たちが集まる場所ハリウッド。この場所で新しい輝きを見せる、今年2011年ブレイクしそうなハリウッドの若手女優のひとり、ジェニファー・ローレンスは覚えておいた方が良い期待の新人だ。

現在20歳のジェニファーは、アメリカのケンタッキー州ルイビルで生まれ育つ。14歳の時にタレントエージェントを見つけるためにニューヨークへ連れて行くように両親を説得したというガッツの持ち主だ。

注目されたのは彼女が17歳の時。ギジェルモ・アリアガ監督の『あの日、欲望の大地で』(08)にシャーリーズ・セロンの少女時代を演じ、2008年のヴェネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞している。

そして、2010年のサンダンス映画祭で審査員大賞を獲得した映画『ウィンターズ・ボーン』(10)で堂々の主役を演じ、今年1月16日に開催される第68回ゴールデン・グローブ賞の最優秀主演女優賞(ドラマ部門)にノミネートされた。

彼女の最新作は、今年公開予定の『X-メン:ファースト・クラス』(原題・日本公開未定)。この大作映画で、彼女は変身能力を持つミュータントであるミスティークの若い頃を演じている。メリル・ストリープのような演技派女優としての成長が期待されている、将来の大女優候補である。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)