海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

2011年ブレイクしそうなハリウッド男優トップ3 Part1

クリス・ヘムズワース

金髪に青い目のイケメン俳優、クリス・ヘムズワース
(c)Hollywood News

毎年世界中から多くの夢見る人間が挑戦し、多くの人間が夢に破れ去って行く街ハリウッド。この激しい競争に生き残り、今年2011年に大ブレイクを果たしそうなハリウッドの若手俳優3人を紹介する。

まずは、クリス・ヘムズワース。27歳であるクリスはオーストラリアのメルボルン生まれの金髪に青い目のイケメン俳優。オーストラリアの昼メロドラマ「Home and Away」(日本未放映)に2004年から2007年に出演し、演技の技術を磨いてきた。

彼は2009年にJ・J・エイブラムス監督の映画『スター・トレック』(09)で主人公ジェームズ・カークの父親のジョージ・カークを演じ、注目されるようになる。そして、今年2011年に公開されるマーベル・コミック原作のアメコミ大作映画『マイティ・ソー』(2011年7月7日日本公開)で主役のソーを演じ、ナタリー・ポートマンやアンソニー・ホプキンス、浅野忠信らと共演した。

続いて、アーロン・ジョンソン。まだ20歳と若いイギリス人のアーロンは、10歳の頃から子役としてテレビや映画に出演していた。『ノーウェアボーイひとりぼっちのあいつ』(09)では若きジョン・レノンを演じ、『キック・アス』(10)でスーパーヒーローにあこがれる主役のオタク少年という前作とは全く違うキャラを演じ、そのカメレオン俳優ぶりを披露した。

2009年の10月には、『ノーウェアボーイ~』を監督した23歳年上のサム・テイラー・ウッドとの婚約を発表し、2010年の7月7日には2人の間で娘が生まれ、若いながら父親になった。彼は、『キック・アス』のマシュー・ヴォーンが手がける『X-MEN: First Class』(原題・日本公開未定)で、ジェームズ・マカヴォイと共演することが決定している。

Part2に続く。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)