海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

アーロン・エッカート、バットマン続編に出演不可でショック

アーロン・エッカート

『バットマン』次回作には出演しないアーロン・エッカート
(c)Hollywood News

俳優のアーロン・エッカートが映画『バットマン』シリーズの最新続編に配役されないと聞き、大変ショックを受けたと語った。

バットマンシリーズの前作、映画『ダークナイト』(08)が、アカデミー賞7部門にノミネートを果たし、世界中で空前の大ヒットとなったのは記憶に新しい。同作で、正義感にあふれる新任の地方検事ハービー・デント役を演じ、ジョーカーに洗脳され悪役トゥーフェイスに転じてしまう重要なキャラクターを演じたアーロン・エッカートは、同シリーズの続編『ダークナイト・ライジズ』(仮・2012年米公開)に自分が再び出演できるか、監督のクリストファー・ノーランに自ら直撃したという。

MTV NEWSによると、アーロンは、「僕はクリス(監督)とビーチで2人だけのミーティングをした際にこう切り出したんだ。『クリス、多くの人は、僕が次のバットマンシリーズに出演するのか気になっているみたいだ。僕は出演するの?』そしたら、クリスは僕を見つめ、『いや、しないよ』と言ったんだ。ショックだったよ。とてもショックだった。でも、それには彼なりの理由があるだろうから」と語った。

アーロンには気の毒だが、彼が演じたハービーは前作でバットマンと格闘の末、転落死しており、次回作に登場できないのもストーリー上、仕方ないのであろう。

バットマンと言えば、悪役の配役にも注目が集まる。次回作の悪役はどの役者が演じるのかにも期待していきたい。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)