海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ロケに大満足なジュリア・ロバーツ『食べて、祈って、恋をして』NYプレミア

ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム

NYプレミアに登場したジュリア・ロバーツとハビエル・バルデム

8月13日(金)に全米で公開される、ジュリア・ロバーツ主演作『食べて、祈って、恋をして』(9月17日日本公開)のプレミアが、現地時間8月10日(日本時間8月11日)にアメリカ・ニューヨークのジークフェルド・シアターで開催され、主演のジュリアと共演のハビエル・バルデムらが登壇した。

本作は、ジュリア演じる主人公が恋愛依存症の自分に嫌気がさし、すべてを捨ててイタリア、インド、インドネシアの国々を巡る旅をする。その中で、自分の内面と向き合い、人生を見つめ直していくというストーリー。

レッドカーペットに登場したジュリアは、「本物の場所でこの映画を撮影できて、とてもエキサイティングだったわ」と各地のロケに満足だった様子だ。

また、映画の原作で、女性の共感を得て話題を呼び発行部数700万部のベストセラーとなった回想録「Eat, Pray, Love」の著者エリザベス・ギルバートは、「映画を観ると、(自分のことなのに)マジカルな感じがしたわ。人は変わる必要があると感じないと、変われないと思うの。映画にはそんなメッセージも含まれています」と語った。

映画のテーマを地で実践するかのように、撮影中にヒンズー教に改宗したと伝えられているジュリア。本作を観れば、そのマジカルパワーを感じることができるかもしれない。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)