海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

リンジー・ローハン『マチェーテ』のR・ロドリゲス監督が太鼓判

リンジー・ローハン

演技の実力は昔から認められている、リンジー・ローハン
(c) Fame Pictures, Inc. All Rights Reserved

リンジー・ローハンが映画『マチェーテ』(日本公開未定)での演技で観客を驚かすだろうと、ロバート・ロドリゲス監督が22日からアメリカ・サンディエゴで開催されている「コミコン(Comic-Con International)」で発言した。

主演男優ダニー・トレホと「MTVニュース」のインタビューに答えたロドリゲス監督は、「彼女の演技を見て、観客はなぜ僕が彼女をキャストしたのかすぐに理解するだろう。で、最後には『ワーオ! 完全に彼女はキャラクターに変身している!』と驚くと思うよ。僕は、それぞれ登場人物が映画の主人公になれるほど個性豊かなキャラになるのを目指したんだ」と、リンジーが演じた“悪役の娘”であり“殺し屋の修道女”というキャラクターに自信を持っているようだ。

ダニーは、「リンジーとは彼女が14か15の時から知っている。彼女は最高だよ。本当に仕事を楽しんでいた。とてもプロフェッショナルだし。本当に良い仕事をしたんだ」と加えて、女優としての彼女を賞賛した。現在、刑務所に収容中のリンジーに、2人の映画人がエールを送った形となった。

全米では9月3日に公開される『マチューテ』は、ダニー扮する元メキシコ政府の職員が、暗殺任務を指示された後に裏切りに遭い復讐をするというストーリー。彼やリンジーのほかに、ロバート・デ・ニーロ、ジェシカ・アルバ、ミシェル・ロドリゲス、そしてスティーヴン・セガールなど豪華俳優人が総出演する、この夏期待のアクション映画だ。現在受刑者として注目を浴びているリンジーの3年ぶりの映画復帰作として、出色の作品になるだろう。

文:村井 ユーヤ

PICKUPオススメ情報(PR)