海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジョニー・デップ、元妻に顔面を殴られたと主張

アンバー・ハードとジョニー・デップ

結婚していたアンバー・ハードとジョニー・デップ
(c)Imagecollect.

俳優のジョニー・デップが、元妻で女優のアンバー・ハードに暴力を受けたと主張している。

ジョニーとアンバーは2015年に結婚するが、アンバーが2016年5月にジョニーに離婚を申請し、ドメスティック・バイオレンスを受けてきたと主張。2016年8月に離婚に合意し、2017年に離婚が成立した。

そして、ジョニーがイギリスでの名誉棄損訴訟で、アンバーから暴力を受けたと主張しているとゴシップ誌「ピープル」は伝えた。提出された内容はジョニーが2016年4月21日のアンバーの30歳の誕生日パーティーに2時間近く遅刻したことで、アンバーが冷たい態度をとり、ほかのゲストが帰宅したあとで非難し始めたとのこと。ジョニーはミーティングがあって、遅れることをメッセージで報告していたという。ジョニーは酒を飲んでいなかったが、アンバーは飲んでいたそうで、かなり暴力的になり、ジョニーの顔を二度殴ったそうだ。ジョニーは止めるために腕を掴んで、ベッドに押し、出て行くと伝えたという。この日の出来事については、先にアンバーがドメスティック・バイオレンスだと主張し、ジョニーからiPhoneを投げつけられたと話していた。

アンバーの弁護士は「事実ではない」と否定し、ジョニーが現在、新作映画『City of Lies』(原題、2018年9月7日アメリカ公開)のスタッフを殴ったとして訴えられていることなどを指摘した。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)