海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

セレーナ・ゴメス、腎臓移植後の変化について「ストレスを与えることはもう考えない」

セレーナ・ゴメス

美しいセレーナ・ゴメス
(c)Imagecollect.

歌手・女優のセレーナ・ゴメスが、腎臓移植後の変化について語った。

セレーナは数年前に全身性エリテマトーデスとも言われている自己免疫疾患ループスと診断され、2016年8月にその副作用のために3か月活動休止。セレーナは昨年9月に、夏に友人で女優のフランシア・レイサから腎臓を提供してもらったことを報告していた。

そして、そんなセレーナは現地時間6月29日の朝の番組「Good Morning America」で腎臓移植後に仕事での心境の変化はあったかと聞かれ、「正直、私は少し身を引いたわ。私は人生をたのしんでいるの。自分にストレスを与えることはもう考えないわ。それは、すごく素敵よね」「もうロサンゼルスにも住んでいないの」「人々に自分を好きになってもらうことには注意を向けないわ」と語っている。

セレーナは今、自分の体と心の健康を優先にし、たのしんで生きることを心がけているようだ。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)