海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

レイチェル・ビルソン、元彼ヘイデン・クリステンセンとの子育てについて語る

ヘイデン・クリステンセンとレイチェル・ビルソン

2010年のヘイデン・クリステンセンとレイチェル・ビルソン
(c)Imagecollect.

テレビドラマ「The O.C.」の女優レイチェル・ビルソンが、元恋人で映画『スター・ウォーズ』シリーズのヘイデン・クリステンセンとの子育てについて語った。

レイチェルとヘイデンは2007年に映画『ジャンパー』(08)の共演がきっかけで交際をスタートし、2014年10月に第1子ブライア・ローズちゃんが誕生。しかし、昨年9月に破局を伝えられた。

そんなレイチェルは破局後にヘイデンと娘を育てることについて、ゴシップ誌「ピープル」に上手くやっていく方法を見つけようとしていると明かした。さらに「私たちはママにも家があって、パパにも家があるって言っているの。それでも、彼女は深い話をするには若すぎるわ」「私にとって最も大切なことはブライアが大丈夫で、安全で、安定していること。私が何に取り組んでいても、どんなに辛くても、どれだけ腹が立っていても、(大切なのは)娘なのよ」と話した。

また、レイチェル自身が9歳の時に両親が離婚しており、「私のお母さんは素晴らしいお母さんだったわ」「両親は離婚の最中だったけれど、お母さんは私にただ愛だけを見せてくれたわ。だから、私はその時、間違いなく安全で、大丈夫だと感じたの」「ブライアは彼女を愛する人たちから愛されていると感じる必要があるわ」「彼女はその無限の愛があるから、私たちは上手くやっていると思うの」「彼女は私のように意志が強くて、かなりおもしろいわ」「それから彼女は父親のようにとても運動が得意なのよ」と語っている。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)