海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

マライア・キャリー、双極性障害を告白

マライア・キャリー

世界の歌姫マライア・キャリー
(c)Imagecollect.

歌手のマライア・キャリーが、双極性障害と診断されたことを告白した。

長年歌手として活躍するマライアはゴシップ誌「ピープル」に2001年に双極性障害と診断されたと話した。マライアは2001年に疲労により病院で治療を受けていたことがあった。

マライアは初めて診断された時のことについて、「信じたくなかったわ」とコメント。この2年はマライアにとってとても辛かったそうで、最近治療を受けたという。

さらにマライアは「最近まで、拒否と孤独、誰かが私をさらすのではないかという絶え間ない恐怖の中で生きていたの」「その思いを背負っているには重すぎたの。単純にこれ以上はできなかった。治療を受けたの。自分のまわりにポジティブな人を置いて、自分の大好きなことをすることに戻ったの。曲を書いて、音楽を作るっていうね」と語った。

マライアは現在、セラピーを受け、双極性障害Ⅱ型の薬を服用しているとのこと。今年リリースするアルバムのためにスタジオにいるという。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)