海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

チャーリー・プース、セレーナ・ゴメスとの恋で自分がめちゃくちゃになった

チャーリー・プース

「ビルボード」誌の表紙を飾ったチャーリー・プース
twitterより

歌手のチャーリー・プースが、歌手・女優のセレーナ・ゴメスとのコラボについて語った。

セレーナとチャーリーは2016年に「We Don’t Talk Anymore」という曲でコラボ。熱愛を噂されたことがあった。

そして、チャーリーは「We Don’t Talk Anymore」について、音楽誌「ビルボード」に「この曲は僕に親しい誰かがほかの誰かからの注目がほしかった時の僕の人生のある時期についてなんだ。それが分かった時に、僕たちは終わったんだよ」「僕は秘密を暴露しないけど、こういう曲がリアルに思い浮かぶのは何かが舞台裏で起こっている時だよ」「それが(セレーナに)起きていたことなんだ。とても短命で、小さいけど、すごく影響力が強い。それが僕をめちゃくちゃにしたよ。僕はこれを最高の方法で対処しようとしているんだ。彼女の頭の中に僕だけがいたわけではないよ。僕はそれを分かっていたし、何に自分自身を巻き込んでいるか分かっていたんだ」と話している。

とはいえ、セレーナと仕事ができて良かったと話しており、「だから、いつもこの曲を歌うのがハッピーなんだ。自分の人生の暗いところから来た曲でもね」と明かした。

セレーナは現在、歌手のジャスティン・ビーバーと復縁したと伝えられている。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)