海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

スカーレット・ヨハンソン、女性の権利訴えるデモでジェームズ・フランコを批判

スカーレット・ヨハンソン

「Women’s March」でスピーチしたスカーレット・ヨハンソン
(c)Imagecollect.

女優のスカーレット・ヨハンソンが現地時間20日、ロサンゼルスで行われた女性の権利を訴えるデモ「Women’s March」で俳優のジェームズ・フランコを批判した。

ジェームズは現地時間7日に行われたゴールデングローブ賞授賞式にハリウッドで大きな問題になっているセクハラへの抗議運動「Time’s Up」のバッジをつけて登場。しかし、その後女優のバイオレット・ベイリーやアリー・シーディラの発言で、ジェームズにもセクハラ疑惑が浮上し、元演劇学校の教え子らがジェームズからヌードになるように言われていたと告白した。ジェームズはトーク番組でセクハラ疑惑を否定している。

そして、スカーレットが「Women’s March」の50万人以上の参加者の前で「どうやって性的暴行の被害者にサポートを提供するのを手助けする機関を公に支持しておきながら、力のない人をプライベートに餌食にすることができるの?」「ところで、私のピンバッジを返してほしいわ」とスピーチした。

スカーレットはジェームズの名前は出していなかったが、代理人はゴシップ誌「Usウィークリー」にスカーレットがジェームズのことを言及していたと認めている。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)