海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジェームズ・フランコ、過去の教え子からセクハラを告発される

ジェームズ・フランコ

ゴールデングローブ賞に出席したジェームズ・フランコ
(c)Imagecollect.

俳優のジェームズ・フランコが、複数の女性からセクハラを告発された。

現地時間7日に行われたゴールデングローブ賞で『The Disaster Artist』(原題、アメリカ公開中)の演技が評価されて、ミュージカル・コメディー部門の主演男優賞を受賞したジェームズ。授賞式には昨年10月からハリウッドで大きな問題になっているセクハラに抗議する「Time’s Up」のバッジをつけて登場していた。しかし、その後女優のバイオレット・ベイリーやアリー・シーディラの発言で、ジェームズにもセクハラ疑惑が浮上。そして、「ロサンゼルス・タイムズ」紙はほかにもジェームズのセクハラを告発した女性を伝えている。

ゴールデングローブ賞の時にツイッターでジェームズに1日100ドル(約1万1100円)で映画のためにヌードになるように言われたとつぶやいていた、ジェームズの演劇学校の元生徒だったというサラ・ティザー=カップランさんは3年前にヌードの乱交シーンをジェームズと撮影し、女優たちが局部にプラスチックのガードをつけて撮影していたが、ジェームズがほかの女優のプラスチックガードを外したと証言。さらに、ジェームズの生徒だった女性2人もトップレスにならないとジェームズに怒られたことを明かした。「スタジオ4」の生徒だったケイティ・ライアンさんは「(ジェームズは)性的な行為をしたり、シャツを脱いだりすれば、役をもらえる可能性があるといつもみんなに思わせていました」と話している。ジェームズの演劇・映画学校の「スタジオ4」は昨年10月に閉校していた。

ジェームズは現地時間9日にトーク番組「The Late Show with Stephen Colbert」や、現地時間10日のトーク番組「Late Night with Seth Meyers」でセクハラ疑惑は事実ではないと話すも、女性たちが告発することは大切なことだとコメントしていた。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)