海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

セレーナ・ゴメス、ザ・ウィークエンドとの破局&ジャスティン・ビーバーとの最接近について語る

セレーナ・ゴメス

「ビルボード」誌のウーマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれたセレーナ・ゴメス
twitterより

歌手・女優のセレーナ・ゴメスが、音楽誌「ビルボード」のインタビューに答えた。

セレーナは今年1月に歌手のザ・ウィークエンドと交際をスタートするが、先月元恋人で歌手のジャスティン・ビーバーと頻繁に目撃され、ザ・ウィークエンドとの破局が伝えられた。セレーナはジャスティンとキスしているところを写真に収められて、復縁を伝えられているほか、ザ・ウィークエンドはセレーナの写真をインスタグラムから削除している。

そんなセレーナは同誌のウーマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、シングルになったことについて聞かれると、「(ザ・ウィークエンドとの間に)本当の友情関係があるってことを私はとても誇りに思っているの。私は人生で、こんな経験をしたことがないわ。ベストフレンドとして終わったの。本当に相手を勇気付けて、思いやってね。それは私にとって、すごいことよ」と話した。

さらにジャスティンが自身の生活に戻ってきたことについて、「私は25歳よ。18歳でも、19歳でも、20歳でもないわ。自分の人生に大きな影響を与えてくれた人を大切に思っているの。だから、きっと以前は何か正しくないことを強制していたのかもしれないわ。だからって、誰かを思いやる気持ちがなくなるわけではないの」と語っている。

セレーナは現地時間11月29日にビバリーヒルズのホテルのレストランでジャスティンとハグしているところを写真に撮られており、来年は2人の関係がさらに注目されるだろう。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)