海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

チャーリー・シーン、30年以上前の13歳への性行為を否定

チャーリー・シーン

ハリウッドで長年活躍してきたチャーリー・シーン
(c)Imagecollect.

52歳の俳優チャーリー・シーンが、30年以上前に当時13歳だった俳優コリー・ハイムさんと性行為を行ったという告発を否定した。

チャーリーは1986年の映画『ルーカスの初恋メモリー』でコリーさんと共演しており、当時チャーリーは19歳で、コリーさんは13歳だった。コリーさんの友人で俳優のドミニク・ブレシアはゴシップ誌「National Enquirer」にコリーからチャーリーとマリファナを吸ったあとに、性行為をしたと明かされたと告白。コリーさんはその後チャーリーから冷たくされたが、20代半ばで再び関係を持ったそうだ。コリーさんは2010年に38歳で肺炎で亡くなっている。

チャーリーの代理人は芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」に「チャーリー・シーンは断固としてその疑惑を否定します」とコメントした。

現在、幼い頃から俳優として活躍してきたコリー・フェルドマンがハリウッドの小児愛の実態を暴くドキュメンタリーの製作のために費用を集めていて、ハイムさんも被害者だと主張。しかし、ハイムさんの母ジュディさんはフェルドマンを批判している。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)