海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

アンジェリーナ・ジョリーも告白、大物プロデューサーからのセクハラ被害

アンジェリーナ・ジョリーとグウィネス・パルトロー

人気女優のアンジェリーナ・ジョリーとグウィネス・パルトロー
(c)Imagecollect.

女優のアンジェリーナ・ジョリーとグウィネス・パルトローが、ハリウッドの大物映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインからセクシャル・ハラスメントを受けたと明かした。

「ニューヨーク・タイムズ」紙は今月初め、ワインスタインが過去30年に渡り、複数の女性にセクハラをしてきたことを明らかに。そのため、女優のメリル・ストリープ、ケイト・ウィンスレット、俳優のジョージ・クルーニーら多くのスターたちが非難している。

そして、アンジェリーナは「ニューヨーク・タイムズ」紙にEメールにて、映画『マイ・ハート、マイ・ラブ』(99)のプロモーションでホテルに滞在していた時に、セクハラを受けたと話していて、「私は若い頃に、ハーヴェイ・ワインスタインと嫌な思い出があります。その結果、彼とは二度と働かないことを決めて、ほかの人たちにも忠告しました」「どんな分野でも、どの国でも、女性に対してのこのような振る舞いは受け入れられません」と綴った。

さらに、グウィネスは映画『Emma エマ』(96)の撮影が始まる前にワインスタインからホテルに呼び出され、触られ、ベッドルームでマッサージをしようと言われたという。グウィネスは「私は子供でしたし、契約していたし、驚いて固まってしまいました」と明かし、その要求を断って、当時の恋人ブラッド・ピットに話したという。ブラッドはワインスタインにグウィネスに二度と触るなと言ったとのこと。グウィネスはワインスタインに口止めされ、「私は解雇されると思いました」とコメントした。その後グウィネスは映画『恋におちたシェイクスピア』(98)で再びワインスタインと仕事をし、アカデミー賞主演女優賞を受賞。ワインスタインもこの作品でアカデミー賞作品賞を受賞した。

そのほかにも女優のロザンナ・アークエットやジュディット・ゴドレーシュらもセクハラを受けたと明かしている。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)