海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

露出の多い19歳のアリエル・ウィンター、疎遠の母から「品を持って」と批判される

アリエル・ウィンター

エミー賞授賞式に出席したアリエル・ウィンター
(c)Imagecollect.

テレビドラマ「モダン・ファミリー」の19歳の女優アリエル・ウィンターが、母から露出の多い格好を批判された。

アリエルは2012年に母親から身体的・精神的な虐待を受けているとして、姉シャネルさんが保護者となり、現在は母親と疎遠になっている。

アリエルは豊満なボディーを持っていて、2015年には胸が大きすぎることから縮小手術を受けていた。アリエルはインスタグラムにセクシーなビキニや私服の写真をアップしたり、レッドカーペットで露出の多いドレスを着用したりして、話題になっている。

そんなアリエルの露出について、母クリスタルさんはテレビ番組「インサイド・エディション」に、「彼女が自分を尊重しているところを見たいだけよ。品を持ってほしいの」とコメント。さらにパパラッチが撮影したアリエルがビキニを着て片脚をあげている写真については「それ見たわ。私ができることは泣くことだけだった」と話し、ほかにもアリエルは注目されたくて、助けを求めていると語っている。

アリエルはクリスタルさんのインタビューが公開される前の現地時間19日にインスタグラムに服装を批判されることについて、「私はただ自分の人生を生きているだけよ」「誰も完ぺきではない。私はスタイリストではないわ! “適切”だとか“ファッションセンスが良く”見えるように毎日何を着ればいいか分からないの。それに、いつも適切でセンス良く見えるのがなんだっていうの。何のため? 社会のため? 誰が適切とセンスの良さを決めているの? 私は自分が好きなものを着るし、誰も私を非難するべきではない」「自分の体を見せるからって、知性がなくて、才能がなくて、自分を尊重していないことではないわ。私はものすごく自分を尊重しているし、才能もあるし、知性もあるの」と長文を投稿していた。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)