海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ケイティ・ペリー、不仲だったカルヴィン・ハリスとコラボした経緯を明かす

ケイティ・ペリーとカルヴィン・ハリス

今年2月に行われたアカデミー賞のアフターパーティーに出席したケイティ・ペリーとカルヴィン・ハリス
(c)Imagecollect.

歌手のケイティ・ペリーが、不仲だったDJのカルヴィン・ハリスとコラボすることになった経緯を明かした。

2人のバトルが起きたのは2011年。カルヴィンがケイティのツアーのオープニングアクトを直前でキャンセルしたことで、ケイティがツイッターで不満をつぶやき、カルヴィンも対抗したことで話題になっていた。カルヴィンは2015年にケイティが不仲を伝えられる歌手テイラー・スウィフトと交際をスタートするが、2016年に破局している。

そんなケイティはカルヴィンの新アルバム「Funk Wav Bounces Vol. 1」に収録されている「Feels」にファレル・ウィリアムスとビッグ・ショーンと参加。ケイティとカルヴィンがコラボしたことで話題になった。

ケイティは現地時間23日にラジオ番組「On Air With Ryan Seacrest」でカルヴィンからアカデミー賞のアフターパーティーでコラボをオファーされたと明かした。ケイティは「私たちはちょうど会って、彼が『曲があるんだけど、チェックしてみてよ』って言ったの。私は『いいわよ』って感じだったわ。だって、私たちは何年も何年も一緒に仕事をするべきだったもの」「私たちは過去に少し言い争いがあったわ。公のツイッターで小競り合いをしたのよね。すべて忘れる時が来たのよ」と話した。また、ケイティはその後スタジオに行って、カルヴィンの曲をいくつか聞いたそうで、「『Feels』って名前の新曲の一部をかけてくれて、私は『おー、イエーイ』って感じだったわ」「この曲を一番気に入ったの。私は乗り気だったわ。何年も何年も私は彼とコラボしたかったの」と語っている。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)