海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ブルックリン・ベッカム、ここ1か月で5個のタトゥーをゲット!

ブルックリン・ベッカム

小さいが「Mamas Boy」と左胸の上にタトゥーがみえる
Instagram より

先月、歌手のマディソン・ビアーとの熱愛も噂され、昨年にはクロエ・モレッツと交際をしていた、ブルックリン・ベッカム。なにかと話題が絶えない彼だが、「この1か月でなんと、5つもの新しいタトゥーをゲット」と米ファッション誌「セブンティーン」が報道。ブルックリンの父であり、世界的に有名な元サッカー選手、デイビッド・ベッカム自身もタトゥー好きで知られているが、そんな父の姿に影響されているのか、日々タトゥーを増やしていくブルックリン。彼が、ここ1か月でゲットした5つのタトゥーを見ていこう。

■「MAMA’S BOY」
彼がインスタグラムに投稿した写真では少し見えにくくなっているが、左胸の上に「MAMA’S BOY(お母さんの子)」というタトゥーがみられると英「メトロ」誌は報道している。ブルックリンと母ヴィクトリアは、イベントやパーティーなど公の場に一緒に参加している姿がよく見られ、母との親しさが伝わる。

■「MADE IN ENGLAND」
「イギリス生まれ」と意味するこのタトゥーは、ブルックリンファンの中で話題となったタトゥーでもある。ソーシャルメディアで、「彼の名前は『ブルックリン(アメリカ、ニューヨークシティの街の名称)』じゃないのか?ニューヨーク生まれだと思ってた!」と、少し困惑したファンも多かったよう。

■「バラ」
父、デイビッド・ベッカムも同じくバラのタトゥーを入れている。バラは「情熱・愛・ロマンス」の象徴である。15世紀のギリシャでは、バラは「楽観主義・新しいスタート」という意味で用いられていた。

■「コンパス」
コンパスのタトゥーには一般的に「人生の正しい方向や、無事を祈る・幸運をもたらす」という意味を持つと言われている。

■「イーグル(ワシ)」
バラと同じく、父デイビッドも入れているワシのタトゥー。このデザインは、ほぼデイビッドが腕の下に入れているものと同じデザインとなっている。一般的にワシのタトゥーは「崇高・英知・名誉・能力・勇敢」の象徴として知られている。

弱冠18歳にして、既にたくさんのタトゥーを入れているブルックリン。家族に待つわるタトゥーも多いようだが、次はどのようなタトゥーを入れるのだろうか。

文:橘 サラ

PICKUPオススメ情報(PR)