海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

セレーナ・ゴメス、活動休止のワケを改めて語る

セレーナ・ゴメス

ファッション誌「VOGUE」の表紙を飾った歌手のセレーナ・ゴメス
Instagramより

歌手のセレーナ・ゴメスがファッション誌「ヴォーグ」最新号の表紙を飾った。セレーナは同誌で改めて、ツアーをキャンセルして、自身が患う全身性エリテマトーデス(SLE)のリハビリに専念することにした理由を説明した。

セレーナは「ツアーは私にとってとても孤独な場所なの。私の自尊心はとても疲れ切っていて、精神的にも沈んで、不安だったの。ステージに登壇する直前にパニックが私を襲って、そのすぐ直後にステージを降りたわ。基本的に私はとても良くない状態だったし、ツアーを続行することも不可能だったの」と語り、ツアーを辞めたかったのではなく、辞めざる終えなかったと主張。またセレーナがこのような精神状態になってしまったのは、ファン達の過激な言動だけではなく、コンサート会場で見かけられる大人たちの喫煙や飲酒が一部の問題だったという。

「私が言いたかったことは人生はストレスでいっぱいだってことよ。そしてそのストレスから逃れようとする望みを持つの。だけど私は自分の問題を理解できなかったし、私は皆と共有するための知恵や賢明さなんて持ってないと感じたのよ。だからたぶん私は世の中の人々は(私のツアーなんて)時間の無駄だって思ってたと思ったのよ」とセレーナは述べ、いかに自身がストレスによる圧迫を受けていたかを説明した。

またセレーナは直接名指しはしなかったものの、元恋人で歌手のジャスティン・ビーバーが一部のストレスであったことを明かした。また彼女は過去にジャスティンと付き合っていたことが理由で、様々なゴシップに取りあげられてきた。この経験を踏まえて、今回の取材でセレーナは現在の恋人である歌手のザ・ウィークエンドとのことに関してはあまり触れなかったようだ。

文:園 しなこ

PICKUPオススメ情報(PR)