海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ミランダ・カー、オーランド・ブルームとの破局後にひどいうつになったと告白

ミランダ・カーとオーランド・ブルーム

破局前のミランダ・カーとオーランド・ブルーム
(c)Imagecollect.

モデルのミランダ・カーが、元夫で俳優のオーランド・ブルームとの破局後にうつになったことを明かした。

ミランダとオーランドは2010年に結婚し、2011年に第1子となる長男フリン君を授かった。おしどり夫婦だと思われていたミランダとオーランドであったが、2013年10月に破局を発表。破局は友好的だと答えていた。

そんなミランダはファッション誌「エル カナダ」に「オーランドと私が別れた時、私は本当にひどいうつになっていったの」「その思いの深さや現実性が理解できなかったわ。だって、私は生まれつきとてもハッピーな人だから」「自分の思っていることすべてが自分の現実に影響を与えて、自分だけが自分の考えをコントロールできるのよ」と語った。

さらに、破局後にオーランドとフリン君を育てることについては、「最も大切なのは彼(フリン)が私と一緒にいる時は、共に充実した時間を過ごすこと。彼がお父さんといる時は彼と充実した時間を過ごすの」「上手くいっているのよ。だって、彼がお父さんといる時に私は写真撮影の予約をしていて、そのほかの時間はお母さんでいられるから」と話している。

また自分の強さについて、「私が何を見つけたって、自分が必要としていること、すべての答えは自分の心の奥底にあるってことよ」「1人で座って、何回か息を吸って、自分の魂に近づくの」と明かした。

ミランダは今年7月に写真動画共有アプリ「スナップチャット」のCEOのエヴァン・スピーゲルと婚約。一方のオーランドは歌手のケイティ・ペリーと交際中だ。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)