海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジャスティン・ビーバー、コンサートのステージを去った理由を改めて説明

ジャスティン・ビーバー

人気歌手のジャスティン・ビーバー
(c)Imagecollect.

歌手のジャスティン・ビーバーが、コンサートのステージから去った理由を説明した。

ジャスティンは現地時間17日にイギリスのバーミンガムで行ったコンサートで歌っている時や話をしている時にファンに叫ばないように注意。そして、23日のマンチェスターの公演でも、叫ばないように注意し、観客が応えなかったためにマイクを投げ捨ててステージを去った。ジャスティンはその後戻ってきて、ステージを去った理由を説明していた。

そんなジャスティンは現地時間30日にツイッターに今回の出来事の長文を投稿。「間違ったことを僕が言うこともあるよ。だって僕は人間だから。パーフェクトになろうなんて思っていないし、神に願っても、なんていうか、僕はいつも正しいことは言っていないよ。だって正しかったら僕はロボットだよ。僕はただロボットではないんだ。僕が感情的になることもあるし、怒ることもあるし、むしゃくしゃする時もある。でも、ステージの上では僕はいつも自分自身でいるんだ」「人々はコトを捻じ曲げて言うんだよ、『ジャスティンがファンに怒っている。彼はファンに叫んでほしくない』って。僕はそんなことしてないよ。単純に人々に聞いてほしかっただけなんだ」と記載していた。

ジャスティンはこのツイートをその後削除したが、コンサートで同じことを話している動画を代わりにアップしている。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)