海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

2016年度ネットで検索すると最も“危険な”セレブに選ばれたのは?

エイミー・シューマー

2015年大ブレイクした人気コメディー女優のエイミー・シューマー
(c)Imagecollect.

コンピューターのセキュリティー会社マカフィーが、2016年度のネットで検索すると危険なセレブを発表した。

これは毎年発表されるランキングで、ネットで検索するとウイルスに感染したり、個人情報を盗まれたりするサイトにたどり着く可能性が最も高いセレブが選ばれている。

1位はコメディー女優のエイミー・シューマー、2位は歌手のジャスティン・ビーバー、3位はテレビ司会者のカーソン・デイリー、4位は俳優のウィル・スミス、5位は歌手のリアーナがランクイン。

さらに続けて、6位は歌手のマイリー・サイラス、7位はコメディアンのクリス・ハードウィック、8位はコメディアンのダニエル・トッシュ、9位は歌手のセレーナ・ゴメス、10位は歌手のケシャが選ばれる結果となった。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)