海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

マドンナ&ガイ・リッチー監督、息子の親権問題に決着

ガイ・リッチー監督とマドンナ

2008年のガイ・リッチー監督とマドンナ
(c)Imagecollect.

歌手のマドンナとガイ・リッチー監督が、16歳の息子ロッコさんの親権問題に合意したことが分かった。

マドンナは元夫リッチー監督との間に授かったロッコさんを離婚後に引き取って一緒に暮らしていたが、昨年12月にロッコさんがリッチー監督に会いにイギリスのロンドンを訪れて、ニューヨークに帰るのを拒んだことで親権争いが始まっていた。

そして、ニューヨーク州の司法機関 「New York State Unified Court System」の代理人は現地時間7日、ゴシップ誌「Usウィークリー」に「はい、彼らは合意しました」「この訴訟は解決しました」とコメントした。

ロッコさんは父リッチー監督のいるロンドンに残ることになり、これ以上の詳しい情報は明らかになっていないとのこと。リッチー監督の弁護士は「合意に至ったことに家族みんなが喜んでいて、ロッコはロンドンで彼の父とこれからも暮らすことができるようになりました」と表明している。

マドンナは先月、自身の58歳の誕生日をキューバで息子や娘たちと祝い、ロッコさんとのたのしそうな動画を投稿していた。そのため、親子関係は良好のようだ。

文:馬場 かんな

Madonnaさん(@madonna)が投稿した写真 -

PICKUPオススメ情報(PR)