海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

1枚でいくら稼ぐ?セレブの裏側、パパラッチの実態に迫る

キム・カーダシアン

写真が1枚10万円で売れるというキム・カーダシアン
(c)Imagecollect.

セレブの写真を撮り、雑誌などに売ってお金を稼ぐパパラッチ。セレブとトラブルになってしまうことも多いようだが、彼らは写真1枚でいくら稼げるのだろうか。今回は、パパラッチの実態に迫る!

パパラッチの稼ぎは年々下がっているようだが、ゴシップサイト「E!News」によると8年前には、ジョニー・デップやブラッド・ピットらトップスターのプライベートの写真を撮って年収50万ドル(約5000万円)稼げたパパラッチもいたという。オーストラリア誌「Sydney Morning Herald」によれば、ナミビア旅行中のブラピとアンジェリーナ・ジョリーの写真は25万ドル(約2500万円)で売れたそうだ。

SNSなどの普及でセレブ自身が写真を出すことが多くなり、パパラッチの撮る写真の価値が下がった今でも、やはり写真一枚の値段には驚く。もちろん写真の状況によるが、あるパパラッチが情報誌「ローリングストーン」の2014年のインタビューで明かしている写真の価格は以下の通り。
・ケンダル・ジェナー:100ドル(約1万円)~1000ドル(約10万円)
・キム・カーダシアン:1000ドル(約10万円)
・キャサリン妃とウィリアム王子:2000ドル(約20万円)

1枚で一気に稼げる分、パパラッチの仕事は大変。自由そうな仕事だが、一日中セレブを追いかけまわすので拘束時間は長い。他のパパラッチには撮れない写真をとるために、ホテルのドアマンやセレブ行きつけの美容院とコネクションを作って情報収集をすることも多いそうだ。優秀なパパラッチは、有名セレブの車のナンバーをたくさん暗記していることも。

しかし、激しい競争の世界では、命がけで写真を撮ることもある。2013年には、ジャスティン・ビーバーの車の写真を撮っていた29歳のパパラッチが他の車にはねられて死亡するという事故があった。このような事故があると、パパラッチとセレブ双方の安全のために、パパラッチの規制を強めるようにというセレブの声が強くなる。

さらに、必死なパパラッチに狙われるのを防ぐために、自ら写真を世の中に出すセレブも増えている。情報誌「Daily News」によると、ブラッドとアンジェリーナは生まれたばかりの双子の写真を1400万ドル(約14億円)で雑誌「People」に直接売ったという。こうすることで、パパラッチが撮る写真の価値を下げようとしているのだ。

最近は、一般人が偶然撮れた写真を売ることもできる。直接雑誌に売り込む必要はなく、サイトにアップロードするだけで代わりに売り込みを引き受ける代理店があるからだ。もし来日中のスターを見かけたら、あなたもパパラッチになれるかも?

文:小波 クレア

PICKUPオススメ情報(PR)