海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『スター・ウォーズ』の共演者ら、R2-D2のケニー・ベイカーさんの死を追悼

ケニー・ベイカー

R2-D2を演じてきたケニー・ベイカーさん
Star Warsのtwitterより

映画『スター・ウォーズ』シリーズでR2-D2を演じたケニー・ベイカーさんが、現地時間13日に81歳で亡くなり、共演者らが追悼のコメントを出した。

ケニーさんは映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(77)からドロイドのR2-D2の中に入って旧新3部作に出演。長年ファンから愛されるR2-D2を演じた。

ケニーさんの死を受けて、『スター・ウォーズ』の生みの親であるジョージ・ルーカス監督は「ケニー・ベイカーは本物のジェントルマンで、いつも大変な状況の中で一生懸命働く素晴らしい騎兵でした」「いつもみんなを笑わせる才能豊かな芸人のケニーは本当にR2-D2の心と魂を持っていて、彼のすべてのファンと彼を知っていた人みんなから恋しく思われることでしょう」とコメントしている。

さらにルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルはツイッターに「さよなら、ケニー・ベイカー。生涯忠実な友人。彼の楽天主義と意思の強さが大好きだった。彼こそが僕の探していたドロイドだよ!」とツイート。新3部作でオビ=ワン・ケノービを演じたユアン・マクレガーは「とても残念に思うよ。ケニーと仕事ができてステキでした」とつぶやいた。また、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)でキャプテン・ファズマを演じたグェンドリン・クリスティーは「安らかにお眠りください、ケニー・ベイカー。お会いできて嬉しかったです。私たちに運んでくれた喜びに感謝します」とツイートしている。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)