海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

リンジー・ローハン、婚約者に暴力を振られていたことを明かす

エゴール・トラバソフとリンジー・ローハン

婚約中のエゴール・トラバソフとリンジー・ローハン
instagramより

30歳の女優リンジー・ローハンが、23歳のロシア人ビジネスマンのエゴール・トラバソフとの破局騒動について語った。

リンジーは先月、エゴールが浮気したとソーシャル・メディアに投稿したことで騒動に。リンジーは自宅のバルコニーで「彼が私を殺そうとした! みんな知ることになるわ。私の家から出て行って!」とエゴールに向かって泣き叫び、警察が呼ばれる事態になっていた。リンジーはその後騒動を謝罪している。

そんなリンジーは英「デイリー・メール」紙のインタビューで、「私は今、愛のためだけに交際関係を続けることはできないって気付いたわ」「女性は叩かれて、その人と一緒にいることはできないの。その人がごめんなさいという準備ができていないのならね」とコメント。また、騒動の日のことについて、「エゴールと私はディナーのために出かけていたの。私たちはダンスして、たのしかったわ」「家に帰って、私は寝たの。エゴールは出かけたわ。数時間後に彼が帰ってきて、私が起きた時に彼は私のそばに立って見下ろしていたわ。彼自身ではなかったの。彼はとても攻撃的で、私に攻撃したわ」「私のことについて最近たくさんの嘘が報じられたの。長い間黙っていたけれど、今はエゴールが私と彼自身に何をするか怖いわ」と泣きながら話した。

さらに「初めてではないの。それが問題なのよ。今回は誰かが見たの。私は誰にも(警察に)連絡しなかったわ」と話し、友人とリラックスするためにイタリアのサルデーニャに飛んだと明かした。またリンジーは「真実は私はやっていきたいと思っていたけれど、今はできるか分からないってことね」「私は彼を本当に愛しているけれど、彼は私の信用を壊して、安全じゃないって感じさせたわ」と語っている。

リンジーとエゴールの関係は今後修復できるだろうか。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)