海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ブレイク・ライヴリー、産後に映画の撮影で素晴らしい体形を作ることができてよかった

ブレイク・ライヴリー

『ロスト・バケーション』のニューヨークプレミアに出席したブレイク・ライヴリー
(c)Imagecollect.

28歳の女優ブレイク・ライヴリーが、映画『ロスト・バケーション』(7月23日日本公開)の役作りについて語った。

ブレイクは夫で俳優のライアン・レイノルズとの間に1歳半の娘ジェームズちゃんを育てており、現在は第2子を妊娠中である。

そんなブレイクは同映画でビキニになるためだけでなく、肉体的にも強くならなくてはいけなかったため、かなりトレーニングをしたとのこと。ジェームズちゃんを出産して1年も経たない時に撮影を行っていたブレイクはゴシップサイト「ETオンライン」に「私には素晴らしいトレーナーがいたわ」「ドン・サラディーノが手助けしてくれて幸運だったの。彼は最高の方法で私を指導してくれたわ。最高にヘルシーな方法でね」と話し、撮影は8週間かかったという。

さらにブレイクは「いつもあんなふうに波の上にいて、泳いで、長いテイクをこなしたから、撮影の終わりにはかなり強くなって、もっと良い体形になったの。私は1日13時間もエクササイズしていたわ。だって、撮影自体がエクササイズだったんだもの」「それができてよかったわ。子供を授かったあとにこんな挑戦ができてよかった。だって、体はとても変わったから。どんなことがあっても、決して同じ体形にはならないって思うもの。これまで以上に良い体形になることはね。私は『OK、それってすごく勇気が出る』って思ったのよ」と語っている。

ブレイクは産後に素晴らしい体形になったことで、第2子出産後に体形を戻すモチベーションになっただろう。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)