海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

全米一のお騒がせカーダシアン一家、人気が増すのはなぜ?(2)

カーダシアン一家

大人気のカーダシアン一家
twitterより

(1)より続く――

ケンダルに比べるとあまり目立たなかった末っ子カイリーであるが、2014年に唇を太くしたことで大ブレイク。最初は整形だと認めていなかったが、後に注射で唇を太くしていると明かした。カイリーはこれがきっかけでメイクやファッションがさらに人気となり、昨年販売したリップスティックのコレクション「Kylie Lip Kit」は即完売して大ヒット。インスタグラムはケンダルを抜いて5900万以上のフォロワー数となっている。もちろんカイリーの恋にも世間の目は集まっていて、昨年の18歳の誕生日に恋人でラッパーのタイガから高級車フェラーリをプレゼントされていた。

そして、この一家の父から昨年4月に大きな発表があった。カーダシアン姉妹の母クリスと結婚し、ケンダルとカイリーを授かった父ブルース・ジェナーが、「私は女性」だと性同一性障害であることを告白したのである。1976年のモントリオールオリンピックの十種競技で世界新記録で金メダルを獲得し、アメリカのヒーローとなったブルースはケイトリンという名前に改名し、女性としての道を歩み始めて、自分のリアリティー番組を持つようになった。ケイトリンは化粧品ブランドMAC Cosmetics[MACコスメティックス]とパートナーを組み、ファッションブランドH&M[エイチ・アンド・エム]の広告塔になって、男性として生活していた時よりも影響力が大きくなった。ケイトリンは今年4月にニュース誌「TIME」の最も影響力のある100人に選ばれている。

さらにノーマークだった長男ロブが今年1月にモデルのブラック・チャイナと交際をスタートして、世間を騒がすことに。ロブはここ数年、増量したことでうつになり、家族とは疎遠になって、メディアの露出もなくなっていた。そんなロブの相手がカイリーの恋人タイガの元婚約者であるブラックであることで再びスポットライトを浴びることになったのである。タイガとブラックにはキング君という息子がいて、かなり複雑な関係となった。ロブは今年4月にブラックにプロポーズして婚約。つまり、ブラックがカーダシアン一家の一員になるということである。

この1年を振り返ってもカーダシアン一家にはさまざまなことが起こってきた。批判も多い中、彼らの人気や注目度が低迷しないのは家族の人数が多いことにあるだろう。それぞれが話題になることで、一家に注目が集まるからである。一家はそれぞれインスタグラムやツイッターのソーシャルメディアに物凄い数のフォロワー数がいて、ファッションブランドの展開やスマートフォンアプリをリリースし、巨額の富を稼いでいる。今後ケンダルやカイリーが有名人と家庭を作り、コートニーとキムの子供が成長すれば、この家族はさらに影響力を増していくのではないだろうか。

文:ハリウッドニュース編集部

>>全米一のお騒がせカーダシアン一家、人気が増すのはなぜ?(1)

PICKUPオススメ情報(PR)