海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

全米一のお騒がせカーダシアン一家、人気が増すのはなぜ?(1)

カーダシアン一家

全米一のお騒がせ一家カーダシアンファミリー(左からスコット・ディシック、ロブ、キム、コートニー、クロエ、カイリー、クリス、ケンダル)

全米一お騒がせな家族と言っても過言ではないカーダシアン一家。彼らの名前をアメリカのゴシップサイトで見ない日はないほど。では、何がそんなにすごいのか? 家族の人気の秘密を検証したい。

カーダシアン一家が有名になったきっかけはパリス・ヒルトンの親友として知られていた次女キムのセックステープが2007年に流出したこと。それから家族の私生活を追ったリアリティー番組「Keeping Up with the Kardashians(カーダシアン家のお騒がせセレブライフ)」がスタートした。番組がスタートして、9年の月日が経つが、一家の人気は増すばかりである。

次女キムが以前よりも注目されるようになったのは俺様発言連発のラッパーのカニエ・ウェストと結婚したことが大きいだろう。カニエのド派手なプロポーズや2人の結婚式が話題になったほか、2013年に生まれた第1子ノースちゃんと2015年に誕生した第2子セイント君も二世セレブとして注目されている。さらにキムは全裸ヌード写真で、カニエは歌手のテイラー・スウィフトをディスったことで今年も世間を騒がせた。カニエが昨年、2020年に大統領選に立候補すると発言していたことも記憶に新しい。

三女のクロエは昨年10月、2009年に交際わずか1か月で結婚したNBA選手のラマー・オドムが風俗店で意識不明になり、病院に運ばれる事態に。2人は2013年にラマーの浮気や薬物依存症騒動が伝えられて、離婚する方向で話が進んでいた。クロエの献身的な支えがあって、ラマーは奇跡的に回復。クロエとラマーが復縁するのではないかと連日伝えられていた。

長女のコートニーは長年のパートナーのスコット・ディシックとの間に3人の子供がいて、妹たちと比べると安定した生活を送っているようであった。そんな2人は昨年7月にスコットの浮気が原因で破局。これまで大きなロマンスの噂がなかったコートニーが日本でも大きく注目されることになったのは、歌手のジャスティン・ビーバーとの関係。昨年12月にコートニーとジャスティンが数か月間肉体関係をきずいていると伝えられたのだ。コートニーとジャスティンはお互いに2人の関係については曖昧な回答をしている。

カーダシアン一家は主にこの3姉妹が注目されてきたが、異父妹ケンダル・ジェナーとカイリー・ジェナーが成長したことでさらなる転機を迎える。ケンダルは美貌と長身を活かしてトップモデルに。日本では2013年にイギリスの人気グループ「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズと交際をスタートしたことで注目されることになった。この出来事はカーダシアン一家全員の知名度を日本だけでなく、世界的にさらに上げることになったのではないだろうか。ケンダルは昨年末にハリーとラブラブな姿を写真に収められて復縁を噂されていた。

――(2)に続く

文:ハリウッドニュース編集部

>>全米一のお騒がせカーダシアン一家、人気が増すのはなぜ?(2)

PICKUPオススメ情報(PR)