海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

サム・スミス、アカデミー賞受賞のスピーチを謝罪

サム・スミスとジミー・ネイプス

アカデミー賞を受賞したジミー・ネイプスとサム・スミス(右)
(c)Imagecollect.

23歳の歌手サム・スミスが、アカデミー賞歌曲賞でのスピーチについて謝罪した。

サムは現地時間2月28日に行われたアカデミー賞授賞式で映画『007 スペクター』(15)の「Writing’s On The Wall」で歌曲賞を受賞。サムは「イアン・マッケランさんが数か月前にオープンにゲイの男性でオスカーを受賞した人はいないと言っている記事を読みました。もしそうでも、そうでなかったとしてもこの賞を世界のLGBTのコミュニティーに捧げます」と語っていた。LGBTとはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの総称である。

しかし、このスピーチに2009年に映画『ミルク』(08)でアカデミー賞脚本賞を受賞したダスティン・ランス・ブラックが、自身のアカデミー賞のスピーチの動画をツイッターにアップし、サムに自分が先にゲイであることをオープンにして受賞していることを伝えた。ダスティンは「ヘイ、サム・スミス、もし、僕が誰か分からなかったら、僕の婚約者にメールするのをやめた方がいいよ」と投稿し、その後「ポイントはLGBTQの歴史を知ることは大切ってことだよ」とつぶやいた。これに対し、サムはツイッターに「ゲイだということをオープンにしてオスカーを受賞した2番目の男だよ。3番目か、4番目か、100番目かもしれない。でも大切なのはそこではないんだ」「僕がとても大好きなLGBTのコミュニティーに光を輝かせたかったっていうのが重要なんだ」「混乱させてしまったことに謝罪します、ダスティン・ランス・ブラック。あなたの映画をチェックするようにします。遅くなりましたが、オスカーおめでとう」と返した。ダスティンはサムへのコメントはジョークで、婚約者のトム・ダレイはサムと友人だとツイートしている。

俳優のイアンはツイッターに「オープンにゲイだと明かしている俳優がオスカーを獲得したことはないって言ったんだ。でも、だからってサム・スミスの功績が無くなることはないよ。彼とほかの人におめでとう!」とコメントしている。

文:馬場 かんな

PICKUP オススメ情報(PR)