海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

アンジェリーナ・ジョリー、新たに3つのタトゥーを入れる

アンジェリーナ・ジョリー

新たに3つのタトゥーを入れたアンジェリーナ・ジョリー
(c)Imagecollect.

女優のアンジェリーナ・ジョリーが、新たに3つのタトゥーを入れたようだ。

ゴシップサイト「ピープル」は、現在カンボジアにて撮影中のアンジェリーナが、現地で3つのタトゥーを入れたと伝えている。同サイトによると彼女のタトゥーは、東南アジアで祈りのシンボルとして伝わっている“ヤントラ”という図形がモチーフになっているとか。

3つのタトゥーには仏教徒の祈りの意味が込められており、それぞれ、”平和”、”愛”、”豊かな生活”の象徴だという。また同サイトは、それらのタトゥーは彼女の背中の上部全てを覆い隠せるぐらいの大きさだと伝えている。

アンジェリーナは、このほかにも多数のタトゥーを入れており、背中の下部にはタイのタトゥーアーティストによって彫られた大きな虎の絵があり、昨年の12月にはカンボジアで左腕に幾何学模様のタトゥーを入れた。

養子として迎え入れた息子のマドックス君はカンボジアで生まれており、彼女はその国から大きな影響を受けたと語っている。カンボジアでタトゥーを入れた際は「このタトゥーは戦争で子供たちがどんな経験をしたのか、どんな思いをしたのかを永遠に忘れないようにしてくれるわ。そうすれば、(戦争から)生き残った人たちを近くに感じることができるの」と語っていた。

アンジェリーナが監督を務める現在撮影中の映画『First They Killed My Father: A Daughter of Cambodia Remembers』(原題・2016年全米公開予定)は映像ストリーミング配信サービス「ネットフリックス」にて放送予定だ。

文:前田 結香

PICKUP オススメ情報(PR)