海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

カイリー・ジェナー、父が女性になったことに喜ぶ理由とは?

カイリー・ジェナーとケイトリン・ジェナー

カイリー・ジェナーと父ケイトリン・ジェナー
instagramより

18歳のリアリティースターのカイリー・ジェナーが、父ケイトリン・ジェナーについて語った。

ケイトリンは男性として生まれてブルースという名で育ち、1976年のモントリオールオリンピックの十種競技で世界新記録で金メダルを獲得。これまで3度女性と結婚し、それぞれと子供を2人授かった。近年は3人目の妻のクリス・ジェナーの連れ子であるコートニー、キム、クロエ、ロブ・カーダシアンらと一緒にリアリティー番組に出演し、全米で最も有名な家族「カーダシアン一家」の1人として、注目されてきた。日本でも人気上昇中のケンダル、カイリー・ジェナー姉妹の実の父親である。ブルースだった今年4月に「私は女性」だと告白し、現在はケイトリンという名前に改名して、女性として新たな人生を歩んでいる。

そんな父ケイトリンについて、カイリーはトーク番組「エレンの部屋」で「家族は動揺していたけれど、私はもう大丈夫よ」「ブルースよりも彼女の方が好きだわ」「だって、メイクアップとか服の話ができるもの。もっと絆ができたのよ。でも、それだけじゃなくて、家族の中に大きな秘密がなくなったわ。この大きな秘密がいつもあったように思うの。正直、ずいぶん長い間このことを知っていたわ。実際に私たちは彼が女性の格好をしているところを見たことがあったの。お姉ちゃん(ケンダル)と私は6歳とか7歳だったわね。何かがあったのはずっと知っていたの。でも、そのことが語られることはなかったわ」と話し、自分が女性となった父を受け入れることで自分と同じ世代の子たちも受け入れてくれると思うと明かしている。

父が女性だと告白してカ7か月ほどしか経っていないカイリーであるが、父のことをとても理解しているようである。ケイトリンは娘にこんなに受け入れてもらえて嬉しいだろう。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)