海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

日本カルチャーにハマった!親日家なセレブたち

親日家なハリウッドスター

親日家なハリウッドスターたち
(c)Imagecollect.

世界で活躍するハリウッドスターたちの中には、大の日本ファンも多数存在する。今回は、親日家なセレブをご紹介。

■トミー・リー・ジョーンズ
俳優のトミー・リー・ジョーンズは、世界的には映画『メン・イン・ブラック』シリーズのKとして有名だが、日本人にとっては缶コーヒーBOSSのCMでおなじみ。2006年から同商品のコマーシャルに出演し続けている。日本の文化に惚れこんでいる彼は、特に京都がお気に入りで、歌舞伎を鑑賞することが好きだと語っている。東日本大震災が起きた際は、復興支援CMにノーギャラで出演した。

■キアヌ・リーブス
映画『マトリックス』シリーズのキアヌ・リーブスも、親日家として知られるセレブの1人。これまでに映画のPRのみならず、観光客としても複数回来日している。昨年の7月には三重県にある鈴鹿サーキットを訪れ、その際、熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」と写真を撮ったことで話題になった。また日本人アクション俳優、千葉真一の大ファンで、役者としての影響を大きく受けたという。

■レディー・ガガ
すでに世界中から親日家として知られているレディー・ガガは、日本のファッションやメイクが大好き。過去には「東京は私のお気に入りの場所よ」とツイッターでつぶやいていたことも。震災のあともすぐに来日し、チャリティーリストバンドの収益を復興支援として寄付した。彼女は、肩に“Tokyo Love”と書かれたタトゥーも入れている。

■トム・クルーズ
映画『ミッション:インポッシブル』シリーズのトム・クルーズは、これまでに20回以上の来日をはたしている大の親日家。日本では10月6日は“トムの日”と制定されなど、国民からの絶大な人気もうかがえる。来日する際は、そのファンサービスのよさでも知られ、映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のジャパンプレミアでは、60メートルほどのレッドカーペットの距離を2時間かけてファンサービスにあたった。

日本が大好きなハリウッドセレブたち。そんな彼らなら、これからも日本を訪れてくれるだろう。

文:前田 結香

PICKUP オススメ情報(PR)