海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

アシュレイ・ベンソン、ハロウィンコスチュームに批判を受けて謝罪

アシュレイ・ベンソン

アシュレイ・ベンソンが投稿して批判の的になった写真
instagramより

テレビドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」の25歳の女優アシュレイ・ベンソンが、ハロウィンコスチュームを公開して批判を受けた。

アシュレイは現地時間6日にライオンのコスチュームを着ている写真を「インスタグラム」にアップし、「助けて! 今年のハロウィンコスチュームが決まらないの! このセシル・ザ・ライオンのコスチュームをどう思う?」と投稿。しかし、この投稿が人々から批判を集めることになった。

セシル・ザ・ライオンはジンバブウェのワンゲ・ナショナル・パークに住んでいたライオンの愛称で、オックスフォード大学が追跡調査を行っていた。しかし、セシルが今年7月にアメリカ人のハンター・歯科医に射殺されたことで、世界的なニュースとなった。そのため、アシュレイは批判の的になり、投稿を「セシル・ザ・ライオン」から「ライオン」に編集し直していた。

アシュレイは現地時間7日に「インスタグラム」に「昨日の投稿は不適切で、あの写真のせいで傷つけてしまったことをとても後悔しています。最初のキャプションは間違っていました。私のコスチュームはセシル・ザ・ライオンではありませんでした。それを見た時に、私は投稿を処理しているマネージメントに連絡して、すぐに変えました。自分のソーシャルメディアのアカウントに投稿するすべてに責任があることを理解していて、これは残念ながら見落としていたことでした。私は動物保護のサポーターで、世界自然保護基金に寄付します。みんな愛しています。そして、悲しい思いをさせてしまったことを謝罪します」と載せている。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)