海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ケイトリン・ジェナー、ハロウィーンコスチュームにされたことに「素晴らしいわ」とコメント

ケイトリン・ジェナー

今年6月に「ヴァニティ・フェア」誌の表紙を飾ったケイトリン・ジェナー
instagramより

元陸上選手でリアリティースターのケイトリン・ジェナーが、新しいハロウィンコスチュームにされたことについてコメントをした。

ケイトリンは男性として生まれてブルースという名で育ち、1976年のモントリオールオリンピックの十種競技で世界新記録で金メダルを獲得。これまで3度女性と結婚し、それぞれと子供を2人授かった。3人目の妻のクリス・ジェナーとはクリスの連れ子であるコートニー、キム、クロエ、ロブ・カーダシアンらと一緒にリアリティー番組に出演し、全米で最も有名な家族「カーダシアン一家」の1人として、近年は注目されてきた。そんなケイトリンは今年4月に「私は女性」だと告白し、今年6月に「ヴァニティ・フェア」誌の表紙を飾った。ケイトリンは白のレオタードを着用して、表紙には「私をケイトリンと呼んで」と記載されていた。

そして、このケイトリンの「ヴァニティ・フェア」誌の表紙のハロウィンコスチュームが作られた。このコスチュームには白のレオタードとブラウンのウィッグ、「私をケイトリンと呼んで」と書いてある帯がついている。ケイトリンはこのことに関して、現地時間9日に朝の番組「トゥデイ」にジョークだと受け止めるか、それとも不快かと聞かれると、「ジョークだと思うわね。不快だとはまったく思わないわ。(トランスジェンダーの)コミュニティーがそう思っているのは分かっている。それでたくさんの批判があることも。私は素晴らしいと思うわ。正直に素晴らしいと思うの」と話し、もっとクオリティーのいいものにすればいいのにとジョークを言った。さらに「人生たのしまなくちゃね。人生は短いわ。こんなことに感情的にはなれないの」とコメントしている。

2013年には歌手のマイリー・サイラスの「2013 MTVビデオ・ミュージック・アワード(VMA)」の過激パフォーマンスをテーマにしたコスチュームが作られ、大人気であった。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)