海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

「ワン・ダイレクション」の生みの親サイモン・コーウェル、彼らの活動休止について語る

サイモン・コーウェル

「ワン・ダイレクション」の生みの親のサイモン・コーウェル
(c)Imagecollect.

音楽プロデューサーのサイモン・コーウェルが、イギリスの人気グループ「ワン・ダイレクション」の活動休止について語った。

サイモンは英オーディション番組「Xファクター」の審査員を務めており、同番組で2010年に結成された「ワン・ダイレクション」の生みの親である。今年3月にメンバーのゼイン・マリクが突然脱退し、4人で再出発することになったが、同グループは先日来年3月から1年間活動を休止すると伝えられた。メンバーは解散ではないと主張している。

そして、サイモンは現地時間26日に「Xファクター」のイベントで「正直、彼らが解散するのか分からない。彼らが2016年に休止するのは前から知っていたよ。仕事の量から彼らはそうしなくちゃいけないんだよ」「僕は彼らに『自分の決断は自分で決めること、君たちが一緒にいてくれることを願っているよ。でも、それは自分たちのためにやらなきゃいけないんだよ』って言ったんだ。でも彼らは頭が良いから、なんとかするよ」と話している。

さらに「彼らが若いとはいえ、厳しいスケジュールで、しばらくすると彼らがすごく疲れているのが分かった。だから、彼らが僕に(休止を)どう思うかと聞いてきた時に、僕は自分たちがやりたいようにやりなさいと言ったんだ」「1年休むのは健康的なことだよ。彼らがそのあと戻ってきてくれるといいね。でも、僕からのプレッシャーはないよ」「彼らは素敵なやつらで、忠実だよ。大丈夫さ」と語った。

サイモンは4人の気持ちを最優先にしているようで、メンバーたちはサイモンのサポートを心強く感じているだろう。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)