海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

テイラー・スウィフト、ニッキー・ミナージュに謝罪

テイラー・スウィフトとニッキー・ミナージュ

仲直りしたテイラー・スウィフト(左)とニッキー・ミナージュ(右)
(c)Imagecollect.

歌手のテイラー・スウィフトが、ラッパーのニッキー・ミナージュに謝罪した。

先日、2015MTVビデオ・ミュージック・アワード(VMA)のノミネーションが発表され、ビヨンセの「7/11」、エド・シーランの「Thinking Out Loud」、ケンドリック・ラマーの「Alright」、マーク・ロンソンとブルーノ・マーズとのコラボ曲「Uptown Funk」、テイラー・スウィフトのケンドリック・ラマーとのコラボ曲「Bad Blood」のミュージックビデオがビデオ・オブ・ザ・イヤー賞(最優秀ビデオ賞)にノミネートされた。そして、現地時間21日にニッキーが「すごくスリムな体形の女性達を賞賛するビデオであれば、ビデオ・オブ・ザ・イヤーにノミネートされるのよ」とツイッターにつぶやき、このツイートが多くのモデルと女優の出演するテイラーの「Bad Blood」を批判していると言われ、テイラーが「私は何もしていなくて、あなたを愛し、サポートしているわ。女性同士を対立させるなんてあなたらしくないわね」とツイートした。ニッキーはこれに、「え? あなた私のツイートを読んでいないわね。あなたのことなんて一言も言っていないのよ。私も同じくらいあなたのことを愛しているわ。でも、あなたはこのことについて話をするべきよ」と返している。

その後、ファッション誌「Marie Claire」らがニッキーを擁護する記事を公開。ニッキーは「ほかの女性に対して(批判しているわけ)ではないの。でも、彼ら(音楽業界)はほかの人々を自由にすぐに称賛するのに、黒人女性のポップカルチャーへの貢献を評価してくれないシステムは嫌だわ」と投稿し、音楽業界に対しての不満だと強調した。

そして、テイラーは現地時間23日にツイッターで「私は自分のことだと思ってしまったの。私はポイントを分かっていなかった。私は誤解してしまって、間違ったつっこみをしてしまった。ごめんなさい、ニッキー」と謝罪。このツイートにニッキーは「それはすごく意味のあることだわ、テイラー。ありがとう」とハートマークをつけて返している。さらに、「私はいつも彼女が大好きだって思ってきたわ。誰でも失敗はするものよ。彼女は私からたくさんのリスペクトを得たわ。前に進みましょう」とツイートした。また、この件で歌手のケイティ・ペリーが“女性を批判して大金を得た人がけんかをするなというのは皮肉だ”とテイラーを批判するようなつぶやきをし、ニッキーもこのつぶやきを“お気に入り”にしていたが、ニッキーは現地時間23日にケイティにキスの絵文字を返している。「Bad Blood」がテイラーの犬猿の仲のケイティのことが書かれた曲だと噂されているのは有名だ。

今回の件でさまざまなセレブが意見を言い、騒動が拡大していたが、テイラーが謝罪をしたことで、終息に向かいそうだ。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)