海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ディディ、息子のアメフトコーチに暴行を加えたとして逮捕

ディディ

今年5月にレッドカーペットに登場したディディ
(c)Imagecollect.

ラッパーでプロデューサーのディディが、現地時間22日に息子ジャスティン・コムズさんのアメリカンフットボールのコーチに暴行を加えたとして逮捕された。

関係者はゴシップサイト「TMZ」にディディがカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のフットボールチームに所属するジャスティンさんを見に来ていた時に、筋肉トレーニング「Strength and conditioning」のコーチがジャスティンさんに指導し、叫んでいたため、ディディがあとでコーチのオフィスまで行き、筋肉トレーニング用の重りケトルベルを使って攻撃したと伝えている。コーチはディディがオフィスに来た時に電話中で、少し待つように言ったが、ディディはケトルベルを振りかざしたという。コーチには当たらなかったが、当たっていたら死んでいてもおかしくはなかったそうだ。ディディは逮捕されて大学の留置所に拘留されているという。

しかし、別の関係者はディディは自己防衛だったと明かしている。コーチはジャスティンさんに激しく指導し、夏が終わるまで戻ってくるなと言ったため、ディディはコーチと話すために大学に行ったが、コーチは会うのを拒否し、ディディは帰るように伝えられたそうだ。ディディはコーチのオフィスまで行くも、セキュリティーを呼ぶと言われ、ディディは警察を呼ぶと話したという。そこで腹を立てたコーチが先にディディに手を出し、ディディは自分を守るためにケトルベルを掴んで盾にしたそうだ。ディディはコーチを暴行するつもりはなかったという。

ディディが息子のことを思って起きた出来事であるが、先に暴行したのと自己防衛では罪が違うだろう。果たして本当は何があったのだろうか?

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)