海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ゾーイ・サルダナ、妊娠した時のスタジオの対応にショックだった

ゾーイ・サルダナ

双子を出産したあとのゾーイ・サルダナ
(c)Imagecollect.

映画『アバター』(09)の女優ゾーイ・サルダナが、仕事関係者に妊娠を報告した時のことについて語った。

ゾーイは2013年6月にイタリア人アーティストのマルコ・ペレゴとスピード結婚。昨年12月に双子の息子を出産した。

そんなゾーイは「USA TODAY」紙に「妊娠するのに正しい時期は誰にもないの。私が仕事する予定だったプロダクションはパニックになったわ。1つのプロジェクトから私を外すっていう会話があったって聞いたの。私は『オーマイゴッド、冗談でしょ? そんなにダメなこと? 私がとっても幸せな時、あなたたちは都合が悪いっていうの? この私、30代の女性が、ようやく愛を見つけて、やっと自分の人生を歩み始めたことが? あなたのスケジュールを台無しにしたって? 本当?』って感じだったわ」と話した。

またゾーイはハリウッドの女性と男性の対応の違いについて不満をもらしており、出産後に仕事に追われることになってベビーシッターを雇わなくてはいけなくなっても、ベビーシッターの費用は支払われないと明かしている。

スケジュールの変更は確かに大変なことかもしれないが、妊娠した時に祝福されないのはショックだろう。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)