海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

アメリカの女性が夢中になる、マッチョでもぽっちゃりでもない男性たち「Dad Bod」って?

サイモン・コーウェル

マッチョでもなく、ぽっちゃりでもないサイモン・コーウェル
(c)Imagecollect.

現在、アメリカで「Dad Bod(お父さん体形)」という新しい言葉が流行っている。

「Dad Bod」という言葉はクレムゾン大学の学生マッケンジー・ピアソンさんが今年1月に地元の大学のニュースサイト「The Odyssey」にエッセイを書いたことから広まった。マッケンジーさんは「Why Girls Love The Dad Bod(なぜ女の子たちはお父さん体形が好きなのか)」というタイトルで、「Dad Bodというのはビール腹と鍛えた体の素晴らしいバランスがとれていること。あるDad Bodは『僕は時々ジムに行くよ。でも、週末はかなり飲むし、ピザを8枚食べるのをたのしんでいるよ』と言っています。太っている男性ではないけれど、洗濯板のような腹筋でもないということです」と説明している。この言葉はクレムゾン大学の学生の間で徐々に広がり、現在は全米にまで広まっているのである。

マッケンジーさんは女性が好む理由として、筋肉のマッチョな男性だと水着で一緒にいる時に自信がなくなる、自分が一番良く見えたい、固い体より寄り添うと気持ち良い、一緒にジャンクフードが食べられる、将来結婚して年をとってもすでにDad Bodなので失望しないなどを挙げている。現地メディアはこの「Dad Bod」の代表として、俳優のレオナルド・ディカプリオ、ジェイソン・シーゲル、アダム・サンドラー、有名プロデューサーのサイモン・コーウェルらの名前を並べている。

完ぺきではなくて、ちょっとぬけている感じが女性の心をときめかせているようで、男性にとってはうれしいことだろう。今年のこの用語が世界中で流行しそうだ。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)