海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジョン・ステイモスが「でたらめ」と批判、オルセン姉妹は「フルハウス」のスピンオフ制作を知っていた?

ジョン・ステイモス

「フルハウス」でジェシーおじさんを演じたジョン・ステイモス
(c)Imagecollect.

俳優のジョン・ステイモスが、ファッションデザイナーのメアリ=ケイトとアシュレー・オルセン姉妹のテレビドラマ「フルハウス」のスピンオフ作品についてのコメントは「でたらめだ」と批判している。

1987年から1995年までアメリカで放送された「フルハウス」はターナー家を中心に家族や友人の愛を描いたコメディードラマで、日本でもNHKで放送されて人気となった。そして、「フルハウス」のその後を描く13エピソードが、動画配信サービス「ネットフリックス(Netflix)」で配信されることが決まった。スピンオフのタイトルは「フラーハウス(Fuller House)」で、長女DJ(キャンディス・キャメロン・ブレ)、次女ステファニー(ジョディ・スウィーティン)、友人のキミー(アンドリア・バーバー)が主役となる。また、ジェシーおじさんを演じたジョン、父ダニーを演じたボブ・サゲット、ジョーイおじさんを演じたデイブ・クーリエもゲスト出演する予定だ。

そして、3女のミシェルを2人で演じたオルセン姉妹はこのスピンオフについて、ファッション誌「WWD」に「私たちはそのこと今日知ったの。クリエイターの人たちと話して、どうなるか見てみなきゃね」「ジョンから聞いていないなんてショックだわ」「私はこの前、ボブに遭遇したんだけど、そのことは話さなかったわ。(ボブに)電話して、彼の意見を聞かなきゃ」と話していた。

しかし、プロデューサーを務めているジョンはちゃんと2人に伝えていたとのことで、関係者はゴシップサイト「E!ニュース」に、「彼女たちはこの番組のことを知っていました。彼女たちにとってサプライズではありませんでした」と話し、別の関係者は「彼女たちは間違いなく何が起こっているか知っていました」と明かしている。

また、「Jam Showbiz」がオルセン姉妹のコメントを載せた記事と「ジョン・ステイモスは明らかに『フルハウス』のリユニオンについてオルセン姉妹に伝えるのを忘れていたようだ」とツイートしたことに対して、ジョンは現地時間26日に「僕は(このことを)でたらめだと呼ぶよ」とつぶやいて、批判している。

ジョンとオルセン姉妹の間で意思の疎通がとれていなかったのか、話が上手く進んでいないようである。この出来事がオルセン姉妹出演に影響しないことを願いたい。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)