海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

若手実力派女優アナ・ケンドリック、下ネタ炸裂のぶっ飛んだ素顔

アナ・ケンドリック

注目作に立て続けに出演! 若手実力派女優のアナ・ケンドリック
(c)THE LAST FIVE YEARS THE MOTION PICTURE LLC

若手ハリウッド女優のアナ・ケンドリックが、日本でもブレイクの兆しを見せている。2015年上半期の日本公開の作品だけですでに4本と驚異的な作品出演数を誇るなど、女優としてハリウッドでも引っ張りだこなだけでなく、そのぶっ飛んだ素顔が注目を集めているのだ。

舞台出身ということもあり、確かな歌唱力と演技力を兼ね備える29歳のアナ・ケンドリック。3月に公開されたディズニー作品『イントゥ・ザ・ウッズ』(現在公開中)のシンデレラ役を皮切りに、4月には最新主演作『ラスト5イヤーズ』(4月25日公開)、続く5月にはアメリカで驚異的なヒットとなった『ピッチ・パーフェクト』(5月29日日本公開)、同月公開の『ライフ・アフター・ベス』(5月16日日本公開)ではディカプリオの再来と言われるデイン・デハーンの恋の相手を務めている。最近では、ザック・エフロン主演の新作「Mike and Dave Need Wedding Dates(原題)」でエフロンの相手役に決定するなど、ハリウッドでは人気を不動のものにしている。

そんな実力派女優として知られるアナは率直な物言いでも知られ、約380万人のフォロワーのいるTwitter上でも自由奔放な発言を繰り返している。そんな彼女の過激な発言の一部をご紹介。

・「あ~、もう絶対ライアン・ゴズリングの映画は劇場に観に行かない。後ろの席でマスターベーションをすることは“不適切な行為”とみなされるでしょ」
・「上品なジャーナリストから”プライベートな時間は何をしているの?”と聞かれるたび、私の中の悪魔が”マスターベーションしてるって言いなよ”って囁くの」
・「ポルノ界で梅毒感染が広まっているためアダルトビデオ業界団体が一時的に撮影を停止すると発表したわよ。来週観る作品がなくなっちゃうじゃない! どうしてくれるのよ」
・「女子がダイエットの話をするのはオタクがスター・ウォーズについて話すようなものよ!」

すこし変わった素顔を持つアナは、最新主演作品『ラスト5イヤーズ』(4月25日公開)では確かな演技力と歌唱力で、5年間連れ添った彼との別れを受け入れられずにいるキャシーを好演。映画冒頭シーンではそんな彼女が暗い部屋で一人、傷心したキャシーの心情を悲壮感に満ちた表情で熱唱するシーンで一気に観客を物語で引き込むことだろう。一方、彼との出会いの場面では、遂に運命の人と出会えた!という喜びをとびっきりの笑顔とキュートな歌声で表現。ジェイミー(ジェレミー・ジョーダン)との関係性に応じて変化するキャシーの心情を完璧に演じている。これまで培った歌唱力と確かな表現力、そして自然体な性格と容姿端麗な彼女の魅力は、やはり劇場で堪能したいところだ。

■『ラスト5イヤーズ』
4月25日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、
ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
(c)THE LAST FIVE YEARS THE MOTION PICTURE LLC

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)